web
statistics
               

INFPとENFPタイプの比較(I/E)

みなさんこんにちは。スージーです。

 

外向性とか、内向性といった部分はなかなか注目されることです。人により考え方の違いはありますが、外向的な人はモテるとか内向的な人は暗いと言った説があります。

 

MBTIにおいて内向、外向だけでその人を判断するのは尚早で、それぞれ8タイプ存在しています。外向タイプも内向の部分をもっているので、知らなかった自分の一面を知ることで自分の知らなかった部分を発見することになり、自分の新たな可能性を感じることもあるでしょう。

 

今回は、INFPタイプENFPタイプの内向、外向の違いについての記事になります。

共通点

  • 理想主義 
  • 感情優位の直観型
  • 想像力が豊か

両タイプとも、内向的感情と外向的直観を早いうちから発達させメインに使っていく。Fiによって人間味があり暖かく弱者や虐げられる人に優しい。そしてNeによって人を驚かせるような先進的で常識にとらわれないアイデアを持つ。

違い

心理機能の違い

  • INFP Fi-Ne-Si-Te
  • ENFP Ne-Fi-Te-Si

心理機能は全て同じである。比較すると、INFPは内向機能が上位で、ENFPは外向機能が上位である。

 

外向、内向機能が優位かどうか

心理機能が同じであっても順番の違いから性格上異なることが出てくる。それぞれ内向、外向タイプであり、INFPは内省を必要とし、ENFPは社交を通して自身を改善していく傾向がある。(外界世界を重視しているため社交を必要とするともいえる)

劣等機能の違い

劣等機能の違いもある。INFPの場合外向的思考を苦手とし、客観的データや人の序列とった考え方に抵抗があるだろう。Fiをメインで使うことで人間味や個性が現れるが、Teによる合理性に欠けている点が現れる。人間的な性格であることは親しい交友関係やプライベートな時間では歓迎されることだろう。しかし、職場の上司がESTJ,ENTJであったり、職場が競争的な雰囲気の場合に苦戦を強いられるだろう。ENFPに比べFiとSiの主観機能を優位に使える反面、能力重視の環境は苦手とするといえる。

 

ENFPはSiを劣等機能に持っている。つまり、内向的感覚による記憶する力や、体のケア、経験を重視して安定性を確保するといったものを苦手とする。INFPはしっかりと休養を取ることができるがENFPはNeによってさまざまな情報を集めるばかりで、自身の体のケアを怠ることもある。あまりにNeを優先しすぎると、睡眠時間が減ったり、お風呂に入るのを後伸ばしにして結局入らなかったということも多くなるだろう。

第3機能の違い

INFPタイプはSiを発達させれば、内面世界がさらに充実してくる。Fiによる独特な感性と、Siの独特な感覚が交わり深まった内面性はNeによって現実に現れることでエキセントリックな魅力となるだろう。音楽や小説、絵、ファッションといった分野で強みをもつことが考えられる。また、経験を重視することで安定感も出てくるだろう。

 

ENFPがTeを発達させれば、合理性が身につく。多くの人に序列をつけたり、客観的なデータや功績で人をまとめたりするようになる。威厳的なところがでてくる。多くの人を雇ったりまとめたり、人と触れ合うことに役立てられることだろう。ENFPはブレーンストーミングを好むと言われていて、Neで様々な情報を受け取る。奇異なアイデアも取り上げた場合はヘンテコな人として見られることもあるだろうがTeの働きで威厳と現実味が出てくることだろう。

いかがでしたか?

この記事がよかったら感想やスターボタン、読者登録していってください!

/* 階層化 */