web
statistics
               

ESTPをイラつかせてしまう行動5つ

あなたのタイプはお分かりですか?こちらで調べることができます

 

ESTPは、極限までの行動と興奮の世界にいるため、実行者などと呼ばれることがあります。彼らは外界のラフティングや建造物、踊り、レーシングカーの運転などを愛し、興味を持っています。このスリルの探求者たちの脳内はアドレナリンでいっぱいで、楽しさとエネルギーに溢れています。彼らは内向的思考(Ti)に頼って、なにか深い論理的な含みを形成して、客観的に分析します。彼らはすぐに知恵を持ち、危機的状況でもそれをつかって、効率的な解決策を導き出します。

ウィンストン・チャーチル、ジョン・F・ケネディ―、マルコムXが何人かの有名なESTPです。

 

しかし、どんなことがこの冒険家をいらつかせてしまうのでしょうか?みていきましょう

 

1-彼らの予定を計画すること 

f:id:kitsune-eiga:20200107203903j:plain

ESTPは外向的感覚(Se)主機能です。

つまり、彼らはなにか決断を下すまえに、外界の世界から感覚を通した情報を得て処理します。彼らは瞬間の中に生きることを好み、今とこの先について考えることを好みます。彼らは詳細まで管理され、コントロールされ、もしくは座らせられて長期計画を立てることを強いられるのは大嫌いです。

 

2-問題があるかのように扱われること

f:id:kitsune-eiga:20200107220530j:plain

ESTPは地に足の着いた実用的な人たちです。彼らははっきりとした人が好きで冷静でいることを誇りに思っています。彼らは感情を操作されることにいらだちます。

ESTPの第三機能は外向的感情(Fe)なので、彼らはすぐに他人の隠された動機や感情をつまみあげ、いんちきや嘘を見抜きます。能無しよばわりはすぐにやめましょう

 

3-解決をまたずに文句ばかり言うこと

f:id:kitsune-eiga:20200107210127j:plain

ESTPは問題修正が好きです。彼らは目的なしに問題を見はしません。

彼らは実用的なアドバイスもしない人の文句を長い間聞くことに動揺します。

ESTPは実用的なのがすべてなのです。もし、アドバイスなしで何か言いたくなったら、何を言うかをもう一度明確にしてから会話を始めれば、彼らのやる気を害することを減らせるでしょう。

 

4-すべてが遅い人

f:id:kitsune-eiga:20200107205726j:plain

ESTPは次から次へ移動し、目的とともに変化するのが好きです。彼らは反射神経の鋭い少数タイプの1つで、のんびり悠長にするのは彼らのやる気を阻害すると言っておきます。のろのろドライバー、歩道でいつまでも友人と話している人やゆっくり歩いて進む人は彼らの血をたぎらせてしまいます。

 

5-彼らの分析や論理をあてにしないこと

f:id:kitsune-eiga:20200107210102j:plain

ESTPは第二機能内向的思考(Ti)によって早く、論理的な思考をもっています。彼らは広く、物事がどう動いているかを内に理解する力を持っていて、新しいデータと情報をもとに継続的に修正していきます。彼らの思考処理は内面に通じていてTeユーザーのように客観化、外面化はしないので、ESTPは彼らの計画や発想を共有するとき懐疑的になるのです。Teユーザーは自分の計画や客観的な論理を話し、Tiユーザーが図面外のアイデアを思い付いたと見えても、彼らの思考処理を通り過ぎていきます。これは長い思考の時間をかけてきたのにあてにされないESTPにとって非常に不快感があります。

 

どう思いましたか?

 

こんな不快感のある場面に遭遇したことはありますか?ぜひ教えてください

/* 階層化 */